胃腸の風邪・病気
胃腸の病気による風邪が流行っています。近年寒い季節になると必ず流行るノロウイルス。けっこう身近な人がノロウイルスなどの胃腸風邪に感染していますよね。

スポンサード リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
胃腸風邪の感染と発病
感染性胃腸炎は、感染してから発病するまでの期間は
わりと短いと思われます。一般的には1~3日程度の潜伏期間です。長い場合でも10日前後となります。
それにもかかわらず、冬場に大流行となった原因は、生命力が強いことにあります。感染した人が回復しても他人に感染する可能性があります。

胃腸風邪のウイルスは、感染してから短時間で突然の嘔吐や下痢を引き起こします。よってこのウイルスの潜伏期間は比較的短いといえます。秋から冬場にかけて流行るこの胃腸風邪は、感染してから早くて6時間くらいで発病します。突然の症状は、早い人なら2~3日で治る場合もあります。長い人でも10日~14日以内には完治するようです。

胃腸風邪のウイルスは、潜伏期間も症状の期間も短いのに、生きる期間は長いです。長い期間、空気中や嘔吐物や便の中に混じって生き続けます。その生き続けた結果、それが別の人に感染します。そして新たな人の中で猛威をふるうわけです。

また、胃腸風邪のウイルスは、一度感染して回復した人に続けて再感染することもあります。一度感染したからといって安心は出来ません。

胃腸風邪は、乳児が罹ると病気症状が急速に進行します。また老人も抵抗力が弱いので、嘔吐や下痢が突然襲ってきた場合は要注意です。下痢が続いて脱水症状がひどくなるのに、素人療法では、命にかかわる場合があります。胃腸風邪の症状かなと思ったら、すぐに病院に連れていってください。
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/13 04:34】 | 胃腸風邪 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://2ichkz.blog96.fc2.com/tb.php/3-6ec3a2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  • seo
記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。